人気ブログランキング |

タグ:VALLETTA ( 27 ) タグの人気記事

心模様


聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂

まるで形の無い不安を打ち消すように内面を埋め尽くす装飾
この建物の外側の素っ気なさと内面の装飾のギャップに戸惑う

イスタンブール、トプカプ宮殿のハーレムのように聖なる言葉や模様で埋め尽くされた空間
それが却って不安を助長する・・・


c0252695_10145630.jpg







c0252695_10150247.jpg







c0252695_10153134.jpg







c0252695_10154088.jpg







c0252695_10154726.jpg







c0252695_10163881.jpg







c0252695_10164217.jpg







c0252695_10170282.jpg







c0252695_10172651.jpg







c0252695_10173951.jpg







c0252695_10175513.jpg







c0252695_10180561.jpg







c0252695_10181583.jpg







c0252695_10184448.jpg







c0252695_10184897.jpg







c0252695_10185349.jpg



by rin_pr | 2019-01-22 10:28 | 信仰 | Comments(0)

ココロの居場所


聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂

主祭壇のテーマは「イエスにバプテスマを施すヨハネ」だったが、十字架に架けられたキリスト像もある(複数個所)


c0252695_10004062.jpg







c0252695_10001198.jpg







引いてみる

c0252695_10010742.jpg







c0252695_10012376.jpg



by rin_pr | 2019-01-21 10:05 | 信仰 | Comments(0)

埋め尽くす


聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂

天井を埋め尽くす絵画

c0252695_09223848.jpg







c0252695_09225297.jpg







c0252695_09231843.jpg







c0252695_09233760.jpg







c0252695_09234779.jpg







祈祷所の絵画

c0252695_09260371.jpg







c0252695_09262801.jpg







c0252695_09264224.jpg







c0252695_09264737.jpg







観光客の立ち入りに制限のある静かな場所(観光客を意識せずに祈りを捧げる事が出来る)

c0252695_09295030.jpg







騎士団長の墓(功績は多少盛っている・・・)

c0252695_09315446.jpg







c0252695_09320416.jpg



by rin_pr | 2019-01-20 09:40 | 信仰 | Comments(0)

紋章


聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂 明かり採りの天窓

マルタ騎士団の紋章はそれぞれの尖った部分が8つの言語に属する騎士団員を表しているらしい。
この大聖堂もそれぞれの言語に応じた礼拝所があるし、街の中の宿舎も出身地(言語)別にあった。
通称マルタ騎士団は、その前はロドス騎士団であり十字軍に起源を持つ。

正式名称:ロドス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会
     イタリア語:Sovrano Militare Ordine Ospedaliero di San Giovanni di Gerusalemme di Rhodi e di Malta


c0252695_08223340.jpg







c0252695_08224042.jpg



by rin_pr | 2019-01-19 08:41 | 信仰 | Comments(0)

逃亡者カラヴァッジオ


聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂 絵画

喧嘩っ早い事で有名だったカラヴァッジオ( Michelangelo Merisi da Caravaggio )は
故意かどうかは不明だがローマで若者を殺害し、逃亡した。
ナポリの有力貴族から庇護を受けたが、その後マルタへ逃れた。
マルタでこれらの絵画を描いたので罪が許された、らしい。
身分はマルタ騎士団の騎士だったが、、、マルタでも乱暴狼藉は改まらず騎士への傷害などで身分剥奪の上、投獄された。
脱獄してシチリア~再度ナポリへ。

これだけを見ればショウモナイヤツでしかないのだけど、結局は才能が身を助けていたんだろう。


洗礼者聖ヨハネの斬首 ( Decollazione del Battista )

c0252695_11323482.jpg







執筆する聖ヒエロニムス ( San Gerolamo scrivente )

c0252695_11345987.jpg



by rin_pr | 2019-01-18 11:45 | モノ | Comments(0)

情念


聖ヨハネ大聖堂 ( St. John Cathedral ) / 聖ヨハネ准司教座聖堂 ( マルタ語:Kon-Katidral ta' San Ġwann )
1565年のマルタ大包囲戦終結後の1573年~1578年建造

主祭壇
イエスに洗礼を施すバプテスマのヨハネ

この構図は数多の祭壇の中でも珍しいのではないか、、、
十字架に架けられたキリストか聖母マリア像が圧倒的に多い様に思う

" バプテスマ " を具体的にどうするのかは宗派にもよる
この構図では頭に水をかける「洗礼」だが、ヨルダン川に入ってバプテスマを施すならドボンと沈める「浸礼」がリーズナブル
実際にどちらだったのかは推測の域を出ないが「水で清める」本質は変わらない
キリスト教に限らず「水で清める」習慣は他の宗教にも見られるワケでその辺りの深層を考えてみるのも面白い

それにしても、外観のそっけなさに比べて内部には凄まじい情念のようなものを感じてしまう


c0252695_10024721.jpg







c0252695_10030650.jpg







c0252695_10032155.jpg







c0252695_10040437.jpg



by rin_pr | 2019-01-17 10:28 | 信仰 | Comments(0)

眠たい天使


聖ヨハネ大聖堂 ( St. John Cathedral )

中央祭壇近くの床に大理石で描かれた天使・・・
ナニカ台詞を付けてみたくなる

c0252695_11171149.jpg







床の骸骨も色々語っているように見える
雄弁な死者、なのだろうか

c0252695_11172618.jpg







c0252695_11184981.jpg







c0252695_11185690.jpg







c0252695_11190300.jpg







c0252695_11195200.jpg



by rin_pr | 2019-01-16 11:25 | 信仰 | Comments(0)

公園


再び Valletta
Upper Barrakka Garden

現役では無いと思うが、確かにここは要塞だったと・・・

c0252695_09191545.jpg







c0252695_09195202.jpg







c0252695_09193008.jpg







Grand Harbour を行き交う船舶を眺める

c0252695_09220941.jpg







c0252695_09221712.jpg







c0252695_09222085.jpg







c0252695_09222596.jpg







c0252695_09222941.jpg







c0252695_09224197.jpg







街、重なり合う建物

c0252695_09233906.jpg







c0252695_09240428.jpg



by rin_pr | 2019-01-15 09:27 | | Comments(0)

水道橋


Fort St. Angelo へ続く水道橋と思われる設備

c0252695_10300512.jpg







c0252695_10300939.jpg







この砦からの眺めは良いのです

c0252695_10311105.jpg







c0252695_10311730.jpg







The Grand Harbour を出入りする船舶を一日中眺めていても飽きないかも知れない

c0252695_10341776.jpg







Vittoriosa Yacht Marina に面している Malta Maritime Museum の時計台
(複数の面がある時計は合っていない事が多いのだけど、合ってますね・・・)

c0252695_10392275.jpg







Yacht Marina に面している通りの古い建物

c0252695_10404766.jpg







c0252695_10405307.jpg







c0252695_10410147.jpg



この通りのイタリアンレストランの食事は美味しかった
マルタはリゾート、観光地にしては物価は安いです


by rin_pr | 2019-01-01 10:47 | 建築 | Comments(2)

Fort St. Angelo


Fort St. Elmo の陥落を見守るしかなかった ーーー

Valletta の対岸、Pjazzetta San Filippu のある岬の先端に Fort St. Anjelo は築かれた。
構造的に Fort St. Elmo よりは堅牢な作りになっている。
いざという時は住民も立てこもれる様に。

オスマン軍はこちらを避けて、やや脆弱な Fort St. Elmo を攻略した。
ここが持ち堪えたので最終的にオスマン軍を退けた、らしい。
(オスマン側にも諸般の事情はあったが・・・)


分厚い壁のエントランス

c0252695_11023584.jpg







c0252695_11030347.jpg







c0252695_11031785.jpg







c0252695_11032505.jpg







見張り塔

c0252695_11052258.jpg







c0252695_11060510.jpg







今日も雲は流れて行く

c0252695_11075124.jpg







c0252695_11075651.jpg







c0252695_11080472.jpg







c0252695_11080910.jpg







c0252695_11094501.jpg







居住スペース?

c0252695_11103696.jpg





現在は、砦の上層部は騎士団の管轄となっており騎士が1人住んでいるらしい。
マルタ騎士団は国家ではないがかつては領土を持っていた経緯から主権実態として認めている国々もある。

ドイツ南部の町に住んでいた頃、古着を集めるボランティア活動で
マルタ騎士団の紋章の入った袋が家のポストに配られていた。
また町の守護聖人の祭(カトリック圏)でもマルタ騎士団の屋台があった。
そう考えると案外身近な存在だと思う。

そう言えば、ベルギー人の友人(名前はデ・コーニック(王様!))はマルタ騎士団所属だったナ・・・


by rin_pr | 2018-12-31 11:21 | 建築 | Comments(2)