タグ:桜 ( 13 ) タグの人気記事

願わくは


願わくは 花のもとにて 春死なむ その如月の望月の頃 / 西行


c0252695_23541842.jpg



この和歌の「花」を如月(2月)から梅とする解釈もあるが
旧暦の2月なので、新暦で言えば3月の10日~30日頃になる。
当時の桜は栽培種ではなく山桜であり、平安末期は現在より平均気温が高かったとも言われている。
詠んだ場所は標高の高い高野山や吉野ではない可能性も出てくる。

それ以上に、平安時代後期には「花」は梅ではなく桜を意味する方が多いし西行も桜の歌の方が多い。
何よりもこの歌自体が西行法師家集の「花」の詞書でまとめられている。(梅は「梅」の詞書)
(ねかはくは花の下にて春しなんその着更衣のもち月のころ)
同様に「花の詞書」では「またれつる吉野の桜さきにけり心をちらせ雪の山風」と詠んでいる歌もある。

Wikipediaによれば、西行の一生は元永元年(1118年) - 文治6年2月16日(1190年3月31日)。
これは辞世の歌とされているが、亡くなる3年前の御裳裾河歌合(伊勢の内宮に奉納した西行の自歌合)にも収録されており
辞世と言うよりは理想を歌ったものだろうか。 亡くなった日付を見る限り桜の季節ではある。
満月だったかは・・・?
by rin_pr | 2018-04-13 10:00 | 植物 | Comments(0)

世の中に


世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし 在原業平 / 古今和歌集

桜をめぐる喧騒はこの和歌が全てを物語っていると思う。


c0252695_10501821.jpg





c0252695_10502892.jpg





c0252695_10503497.jpg





c0252695_10503890.jpg





c0252695_10504386.jpg



梅が大陸由来で貴族などが愛でていたのに対し、桜は寒冷地適応したインド(ヒマラヤ)桜が古い時代にアジア寒冷地まで広がって
おそらく日本でも野山で普通に見られていたものだったろう。

菅原道真と梅のエピソードは有名だが、道真の屋敷には当時は貴重だった梅がたくさん植えられていたらしい。
梅は地位と富の象徴だった、、、
菅原道真の悲劇も結構ナマグサイ側面が見えてくる。

豊臣秀吉の醍醐の花見の頃には「花」と言えば「桜」だったようだ。
この時の枝垂れ桜の子孫が挿し木などを経て残っている。(醍醐寺三宝院)
現在はその若木(クローン)が各地に移植されている。(住友林業)

挿し木を重ねて行くと細胞更新の回数券のようなもの(テロメア)が短くなって、やがて絶える。
今のところ挿し木で増やすしかないソメイヨシノは、寿命はその他の桜より短いので「大絶滅」も近いと言われる。
醍醐の桜のクローンについては、最先端のバイオ技術により古木のDNAを取り出し培養するので
理論的にはテロメアの影響は無い(あるいは、ほぼ無い)と言われるが、何しろ100年、1000年単位の事なので
科学の発達を考慮しても結果が出るのはだいぶ先の事。

それよりも、クローンはオリジナルか?と思うので
桜をめぐる喧騒も一歩引いてナナメに見ているナ・・・

by rin_pr | 2018-04-12 11:00 | 植物 | Comments(0)

こころ騒がすもの


こころ騒がすもの
ただひたすらに桜のはな


c0252695_09571468.jpg





c0252695_09572211.jpg





c0252695_09575229.jpg





c0252695_09575973.jpg


by rin_pr | 2018-04-11 10:00 | 植物 | Comments(0)

光溢れる春の日に


色々な人が桜を撮る。
それだけの話なのだけれど、みんな違っている。
同じ桜を同じ機材で撮ったとしても、多分、違う。
素敵だ、と思った。


c0252695_10120643.jpg





c0252695_10121271.jpg





c0252695_10121665.jpg





c0252695_10122129.jpg





c0252695_10122523.jpg





c0252695_10123095.jpg


by rin_pr | 2018-04-09 10:15 | 植物 | Comments(0)

咲き急ぎ


咲き急ぎ 散り急ぎ 何につけても心騒がす桜花
それでも桜を愛でる 柔らかに過ぎ行く時間は 掛け替えが無いのだと思う


c0252695_22194230.jpg





c0252695_22194868.jpg





c0252695_22202743.jpg





c0252695_22203140.jpg





翌日には葉が出てしまった

c0252695_22210388.jpg


by rin_pr | 2018-04-08 10:00 | 植物 | Comments(0)

今年も


毎年会いに行く桜の木。
小さな墓地の中に佇む。
周辺の墓地では伐採されて減って行く中、この木もいつまで残るのだろうか。


c0252695_10135084.jpg





c0252695_10135821.jpg





c0252695_10141804.jpg





c0252695_10143436.jpg





c0252695_10153733.jpg





c0252695_10154986.jpg





c0252695_10155751.jpg


by rin_pr | 2018-04-07 10:19 | 植物 | Comments(0)

花を喰らう


花が形のまま落ちている。
ヒヨドリかと思ったらワカケホンセイインコだった。
家の周りでもキャーキャー大きな声で鳴いているので見たら10羽ほどの群れだった。
生息域が確実に広がっているのを感じる。(たまにダルマインコらしき個体も見る。)
その内、インドの空のようになるのだろうか。


c0252695_09534036.jpg





c0252695_09544995.jpg





c0252695_09545488.jpg





c0252695_09545999.jpg


by rin_pr | 2018-04-04 09:57 | 植物 | Comments(0)

仕舞いの桜


これで桜は仕舞いかな、、、と。
でも四季桜とかヒマラヤ桜(桜の原種と言われ秋に咲く)があれば撮ってしまうんだろうなぁ。


道の駅たかはた(高畠)

c0252695_09462602.jpg





c0252695_09463166.jpg





c0252695_09463788.jpg





c0252695_09464131.jpg





上杉神社(米沢)

c0252695_09481198.jpg





c0252695_09484027.jpg





松岬神社(上杉神社摂社)

c0252695_09481725.jpg





桜の造花も華やかに(松岬神社参道)

c0252695_09513140.jpg





毛越寺(平泉)

c0252695_09593650.jpg





c0252695_09594220.jpg





c0252695_09595521.jpg


by rin_pr | 2017-05-17 10:03 | 植物 | Comments(0)

桜追い人


米沢スキー場(山形県米沢市万世町刈安)の桜

桜を追って北上と言えば夢追い人のようだけれど、肝心な事を忘れてた・・・
同行二人、同行するのは弘法大師ではなく、カ・フ・ン!!
油断してましたね。

べっきし!!

5月4日、この日の米沢は最高気温が27度にもなり暑かった。 湿度は低いので案外過ごしやすい。
盆地を囲む山々には雪がたくさん残っており、最低気温は6度で1日の気温差が20度以上。
木々も目に見えて芽吹いてゆくのが分かった。(数時間後に同じ場所へ行くと様子が変わっている!)


c0252695_10323377.jpg





c0252695_10324021.jpg





c0252695_10324556.jpg





c0252695_10325156.jpg





c0252695_10325683.jpg


by rin_pr | 2017-05-13 10:47 | 植物 | Comments(0)

ちりぬるを


色は匂へど 散りぬるを 我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

c0252695_09543508.jpg





c0252695_09545057.jpg





c0252695_09544136.jpg


by rin_pr | 2016-04-14 09:57 | 植物 | Comments(0)