祀り

本来、祀るとは神(或いは祖先)をおもてなしする事だった。
仏教が入り、常設の神祀りの場として神社ができた。
神職の一番の仕事は神に感謝し、食事や音楽を奉ることだという。
これが日本人の「おもてなしの心」の源泉なのかもしれない。
(「オ・モ・テ・ナ・シ」で合掌・・・は違和感、、、だけどね。)
お賽銭を入れて神様にお願いするのは、比較的新しい習慣なのだろう。

(来宮神社)

c0252695_15433897.jpg


More
# by rin_pr | 2014-01-05 15:47 | 熱海(静岡) | Comments(0)