カテゴリ:海( 59 )

ボートに乗る


洞穴を抜けて崖を眺める

海面に浮いているウエットスーツを着た人たちはスキューバダイビングの練習中

c0252695_09584572.jpg







c0252695_09585052.jpg







トンネルの中からボート乗り場を振り返る
ここもやがては Azure Window の様になるだろう・・・って何千年、何万年後?

c0252695_10005299.jpg







波と風に削られて

c0252695_10034955.jpg







c0252695_10035532.jpg







c0252695_10035973.jpg







c0252695_10040476.jpg







c0252695_10040725.jpg



by rin_pr | 2019-01-11 10:09 | | Comments(0)

隆起


Gozo島北西端

隆起したんだなぁ・・・
見事に重なった石灰岩の地層
スパッと切り立った崖になるのは浸食が速いのだと思う
この近くにあった Azure Window (アズールウィンドウ)は2017年3月に崩壊した


c0252695_09500532.jpg







c0252695_09501323.jpg







c0252695_09504026.jpg







c0252695_09505202.jpg







c0252695_09510665.jpg



by rin_pr | 2019-01-10 09:53 | | Comments(0)

ヒトは先端を目指す


Gozo島北西端あたり

つい崖っぷちとか先っぽに行ってしまう

ポルトガルのロカ岬に人気があるのも、ユーラシア大陸の最西端というだけではなく
この先は茫洋とした海が広がっているだけと言う「永い旅の終わり」を感じさせるからだろうか


c0252695_10022825.jpg







c0252695_10024690.jpg



by rin_pr | 2019-01-09 10:10 | | Comments(0)

GOZO島へ


マルタ島北部の Cirkewwa Ferry Terminal からGozo島の Mgarr Ferry Terminal へ


c0252695_10454012.jpg







c0252695_10455133.jpg







c0252695_10455971.jpg







海、青い!

c0252695_10454408.jpg







地中海、ベタ凪ぎ
雲が海に映っているのは初めて見たかも知れない

c0252695_10461474.jpg







c0252695_10461878.jpg







c0252695_10462416.jpg



by rin_pr | 2019-01-08 10:52 | | Comments(0)

見晴らしの良い場所


イムディーナの町はマルタ島でももっとも標高の高い場所に作られている。
最初はフェニキア人が住んだらしい。

地中海交易の要所だし、拠点でもあっただけに望まれざる " 客 " もやって来る。
初期のマルタ騎士団もそうだったように、交易相手なのか海賊なのか区分けは曖昧。
ギリシャ神話のオデッセウスの冒険譚も見方を変えれば海賊行為だったりする。
彼らを英雄視してバックアップする勢力がある一方で、非合法化されても行く。
海軍(の一部)と見るのか、盗賊と見るのか、、、

それはともかく、居住者はやって来る " 客 " の定義がどうであろうとも侵略や略奪されても困るので
自分たちで財産や命を守るしかない。
確かにイムデーナやラバトの町からは海がよく見える。
防御の最初は「だれかがやって来るのを発見する事」なのだろう。


c0252695_08035817.jpg







c0252695_08040368.jpg







c0252695_08040824.jpg







おまけ
町の中の小さな教会

c0252695_08051899.jpg



by rin_pr | 2019-01-06 09:00 | | Comments(0)

ヨットハーバー


このような地形を天然の良港と言うのも納得する
地中海のほぼ中央にあるだけでは無く交易を独占したり覇を唱えるのであればこの島を手に入れたかったのだろう


Valletta から Grand Harbour 水路の対岸にある Il Birgu のヨットハーバー

c0252695_13140055.jpg







c0252695_13161698.jpg







Il Kalkara のある岬のヨットハーバー

c0252695_13170085.jpg







c0252695_13173278.jpg







Sengrea のある岬のヨットハーバー

c0252695_13171905.jpg







夏のような雲ができては流れて行く

c0252695_13150299.jpg



※地名についてはGoogle mapを参照していますが詳細については間違っている可能性もあります(汗)


by rin_pr | 2018-12-30 13:37 | | Comments(0)

防波堤


聖エルモ砦の先、The grand harbour 水路の海への出入り口にある防波堤と灯台

Breakwater bridge , St. Elmo Lighthouse

c0252695_09344479.jpg







聖エルモ砦側の防波堤(奥)と対岸の防波堤(Ricasoli East Breakwater)

c0252695_09410127.jpg







外洋へ向かう船舶

c0252695_09442319.jpg



by rin_pr | 2018-12-24 09:47 | | Comments(0)

空と海の間に


中島みゆきの歌の詞をどうやら勘違いしていたらしい・・・
「空と君のあいだに」を「空と海のあいだに」だと思っていた


c0252695_09365634.jpg



by rin_pr | 2018-12-10 09:38 | | Comments(0)

知多の海


知多の海・・・お相撲さんの四股名みたいだ・・・
伊勢湾側の海は貨物船がひっきりなしに通る。


c0252695_09294172.jpg


by rin_pr | 2018-06-06 09:31 | | Comments(2)

貝の島


青島は鬼の洗濯板(隆起波食台)の上に南西からの黒潮と北からの沿岸流がぶつかり合い、貝殻が堆積してできたらしい。
別名を真砂(まさご)島と言う。
現在も堆積が進んでいるのか、もう少しで陸繋島になりそう。(現在は弥生橋で渡れる。)


c0252695_10150712.jpg


by rin_pr | 2018-02-10 10:20 | | Comments(0)