5月は


スエビ族の地(ドイツ南部)に住んでいた頃
トラムに地元の人の書いた詩などが掲載されていた。
日本でも時々地元の愛好会や敬老クラブなどが短歌や俳句をバスに掲載する、そんなノリ?
そこに「5月はダイエット月」と言うのがあった。
内容は一途なSpargel(アスパラガス)愛。
あの ケチ 節約家のドイツ人がSpargelにだけは金を遣う。
実際周辺の国より高くても買う。 少々不思議な感じがした。


溶かしバターとレモン果汁

c0252695_07235064.jpg







ソースオランデーズ(オランダソース:あまり酸っぱくないマヨネーズのようなソース)

c0252695_07235898.jpg





日本から出張者が来る、しかもアスパラガスは缶詰でも好き!と言う人が入ってる。
(遠慮なんだか何なのか「何でも良いです」なんて人は面倒臭いので力が入らない・・・)
よっしゃあ!!
で、30kmくらい車を走らせて村の農協?のような所までSpargelを買いに行った。
結構朝早めに行ったのだが、もう出荷が終わっていた。

ありゃ・・・
どれくらい必要なの?
3kgくらい。
じゃぁ、この一畝かな。

教えてもらって掘った(笑)

結果、今までで一番美味しいアスパラガスを食べた!と喜んでもらえたので嬉しかった。
どさくさでイトコも混ぜて6人、ドイツの春の食を堪能した。

その時のワインは白では、アルザス、甘くないタイプのフランケン、地元の赤と言いはるロゼ。(これが案外トンカツに合う。)

※何でも冷やしちゃう人はいるけど、これだけは温かい状態で食べる事

ちなみに、ウチにはSpargelを茹でる専用の鍋(縦長で中にバスケットが入ってる)がある。
これを使うと穂先がクタクタにならずに済むので重宝。 ドイツじゃなくイタリアのだけど(笑)


by rin_pr | 2018-10-06 08:00 | | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< この先に 肉! >>