注連縄


諏訪大社下社秋宮

神楽殿の注連縄

どこかで見た形だと思ったら、出雲大社拝殿の大きな注連縄に似ている。
ただ、出雲大社のは「左本、右末、左綯い」で一般の神社とは異なるらしい。
ここのは「左綯い」だけれど「左末、右本」?
(一般的に神道では右が上位で左が下位と考えるが、出雲大社では左が上位であるため。)


c0252695_09055891.jpg





神楽殿狛犬の尻尾

この様なモフモフ尻尾が多い中、山形県高畠地方の安久津八幡神社にある古い石の狛犬は普通の犬の様な細い巻き尻尾で体に沿って彫られている。
高麗式と言う人もいるが「この辺りで飼われていた高安犬を模したもの」の方が物語性はあると思う。 近くには「犬の宮・猫の宮」もある事だし。


c0252695_09073929.jpg





拝殿

c0252695_09193521.jpg


by rin_pr | 2018-07-18 09:26 | 神社仏閣 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 八咫鏡 水の神様 >>