人気ブログランキング |

春の陽射しに石仏もうらうらと


大谿山豪徳寺(だいけいざんごうとくじ)

歴史は古く、近くの世田谷城(中世は武蔵吉良氏の城、現在は土塁のみ)の一部に庵をむすんだのが最初。
(豪徳寺の隣にある勝光院も開基が吉良氏、赤穂浪士の高家・吉良氏は一族)

秀吉の小田原攻めの時に廃城となったが、寛永10年(1633年)に井伊直孝が彦根藩井伊氏の菩提寺とした。
井伊直孝は豪徳寺中興の祖とされている、、、、ってこの殿様が鷹狩りの途中に猫に招かれて命拾いした、らしい(笑)

ほとんど崩れかけた石仏や文字も読めなくなった墓石が残っている。


c0252695_07074978.jpg







c0252695_07075480.jpg







c0252695_07075854.jpg







c0252695_07080270.jpg







c0252695_07081065.jpg



# by rin_pr | 2019-04-20 08:00 | 信仰 | Comments(0)