タグ:豪徳寺 ( 16 ) タグの人気記事

拾遺


仏殿の屋根

c0252695_09351980.jpg





書院入口(書院、開祖堂は非公開)

c0252695_09352980.jpg





受付入口上部の彫刻

c0252695_09353742.jpg





祈る

c0252695_09354535.jpg


by rin_pr | 2017-04-11 09:45 | 神社仏閣 | Comments(0)

招く


豪徳寺と言えば招き猫。
(井伊家江戸菩提寺なので歴代の殿様、家族、井伊直弼の墓もある。 たまに「ひこにゃん」も来るらしい。)

最近、外国メディアが取り上げた事で外国人の訪問も多くなった。
招き猫の奉納について、私の理解では達磨と同じで物事の成就に感謝してお返しするものと思っていたのだが
この場で願掛けして置いていく、絵馬と似た感覚の人が増えたようだ。

ただ、亡くした猫に寄せる思いが垣間見える奉納もあるのでココロ次第で信仰の形は変わってゆくのだろう。


c0252695_10105019.jpg





c0252695_10105598.jpg





c0252695_10105933.jpg





半分くらいは外国語の絵馬。

c0252695_10110836.jpg


by rin_pr | 2017-04-10 10:19 | 信仰 | Comments(0)

花を散らすもの


ヒヨドリ、たまにインコ(野生化したワカケホンセイインコ)。

c0252695_10310263.jpg





メジロは花びらをハラハラと落とす。

c0252695_10322902.jpg





これは・・・

c0252695_10325815.jpg


by rin_pr | 2017-04-09 10:36 | 植物 | Comments(0)

古木


桜も古木になると枝では無く幹の途中から花が咲くらしい。


c0252695_10141447.jpg





c0252695_10141975.jpg





c0252695_10142907.jpg


by rin_pr | 2017-04-08 10:16 | 植物 | Comments(2)

色付く


染井吉野だけじゃないのかも知れないが
咲き始めは白っぽく、段々色が濃くなってくる。
花の中心が赤みを増した頃、散り始める。
酔芙蓉ほどではないが桜も色を変えると思うと感慨深い。


c0252695_09252103.jpg





c0252695_09252729.jpg





c0252695_09253177.jpg





c0252695_09253723.jpg





c0252695_09254204.jpg


by rin_pr | 2017-04-07 09:28 | 植物 | Comments(0)

心騒がすもの


桜、櫻、サクラ、sakura、、、
世の中は桜の季節になると狂乱する。
花に負けじと顔を真っ赤に発色させている人や
通り越して青くなっちゃてたり・・・
都市で心静かに桜を愛でるなら、寺か墓地が良い。


c0252695_10360779.jpg





c0252695_10361773.jpg





c0252695_10370522.jpg





c0252695_10361289.jpg





c0252695_10362865.jpg





c0252695_10365697.jpg



続きます・・・
by rin_pr | 2017-04-06 10:40 | 植物 | Comments(0)

sakura saku


4月4日の桜。
まだ少し早かったか、、、
今年の場合、靖国の標準木だけが早いと言う話もある。


c0252695_11261153.jpg





c0252695_11261647.jpg





c0252695_11263748.jpg





c0252695_11264370.jpg





c0252695_11264884.jpg



続きます・・・
by rin_pr | 2017-04-05 11:28 | 植物 | Comments(0)

願掛け


c0252695_09445718.jpg



民間信仰は混沌としているので切り分けるのは難しいのだが
願掛け縁起物の類は願が叶ったお礼に奉納するのが一般的なところだと思う。
その辺りからすれば、昨日upした招き猫は願が叶ったお礼に奉納されたものと理解しているのだが
奉納場所に願掛けした招き猫を置くのはどうなんだろう?
befor → after 位の違いはある。
寺社でこの先どのような法要するのかが気になる。
おそらく願が書かれている絵馬と役目を終えて奉納されたものは理屈で言えば扱いが違うはず。

願えば叶う、なんてのは阿呆の気休め程度にしか思っていない。
努力もせずに叶うと信じる力はどこから来るのだろう?
絵馬などで意志を表明しただけでも努力する方向性はあるのかもしれないが。
by rin_pr | 2016-04-27 09:50 | 神社仏閣 | Comments(0)

奉納


ここも最近はすっかり観光地化しているのか撮影隊を時々みかける。
彼らは一般人をとにかく排除するんですね。 何様?!というヤツです。
何時間かけて1カット撮るのか分からないが、いい加減にしろ!と思わないでもない。
日本だけではなくアジア系の撮影隊も似たようなもの。 日本のグループより多少は謙虚、、、でもないか(笑)
カメラを構えるとその範囲でしかモノが見えなくなるらしいので、自分自身も気をつけなくちゃ、、、、ね。

毎年撮っているので違う表現を・・・って、難しい;;

c0252695_10041315.jpg





c0252695_10041028.jpg





c0252695_10042109.jpg





しばらく前はこの棚に収まっていたものが、溢れかえるようになった。
あえてそうしているのか、奉納が多くてこうなってしまったのかは分からない。
社務所で買って願い事を書きいきなりここへ置く人もいるので、それは絵馬ではないのか、と。

c0252695_10040663.jpg


by rin_pr | 2016-04-26 10:14 | 神社仏閣 | Comments(0)

招く


豪徳寺と言えば井伊直弼(彦根藩)菩提寺で有名ではあるが、招き猫の方が親しみやすいかもしれない。
招き猫発祥の地の一つとされるが、もう一つの台東区今戸にある今戸神社(今戸八幡)の招き猫はまだ歴史が浅いようだ。
彦根藩江戸菩提寺という経緯もあり、ここの招き猫は人招き。
商売繁盛でお金を招くと言う左手ではなく右手を挙げている。
どっちも招いたら、そりゃお手上げと言うんですな。 欲の皮を突っ張らせてはいけない(笑)

c0252695_09565928.jpg


by rin_pr | 2016-04-24 09:58 | 神社仏閣 | Comments(0)