「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:鎌倉(神奈川)( 11 )

夏の匂い

ある夜突然「ああ、夏が来る」と思う。
少し湿った空気の中に土のような匂いが混じる。夕立前のむせるような土の匂いとは違うもの。
同じように、冷たい風の中に冬の匂いを感じたりもした。
最近、そのような季節の匂いを感じる日は少なくなったような気がする。

(写真はまだ初夏の頃なんですけどね・・・)

c0252695_22355473.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-11 22:37 | 鎌倉(神奈川) | Comments(0)

木漏れ日

重なる木々の間から洩れる光を求めて


c0252695_21132629.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-10 21:17 | 鎌倉(神奈川) | Comments(0)

枯山水

静寂の中で宇宙の原理を想起する。
凡人は今ここで手桶一つの水が欲しい。

子供の頃に読んだので出典は定かではないが・・・(韓非子あたりか?)
水から跳ねて陸に上がってしまった魚が通りかかった男に水を所望したところ
男は、将来ここに運河を掘って水を満たして云々と壮大な夢を語る。
魚は・・・

(北鎌倉 明月院)

c0252695_22152159.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-09 22:19 | 鎌倉(神奈川) | Comments(0)

La Luna Llena (満月)

方丈から臨む別世界

(北鎌倉 明月院)

c0252695_21433342.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-08 21:49 | 鎌倉(神奈川) | Comments(0)

迷い

屋外にある石仏を撮り、現像するときにいつも迷う。
古いものほど苔に覆われて、まだら模様になっているのが多く
苔も含めて雰囲気があるならカラーで良いと思うが、元々の表情を出したいならモノクロか。
光と影のコントラストも相まってコレというスタイルが無いのですね、私の場合。
う~~ん・・・・

(北鎌倉 円覚寺)

c0252695_2255741.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-07 22:13 | 鎌倉(神奈川) | Comments(2)

無造作

古刹の庭に咲く花は無造作なようで、きちんと手入れされている。
蹲(つくばい)に落ちた花弁さえ風情。
我が家のホッタラカシの庭のヤブカラシにも揚羽蝶が沢山来るんですけどね、、、などと呟いてみる。

(北鎌倉 円覚寺)

c0252695_16282124.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-06 16:34 | 鎌倉(神奈川) | Comments(0)

緑したたる

(北鎌倉円覚寺)

c0252695_22235729.jpg


More
by rin_pr | 2013-07-05 22:24 | 鎌倉(神奈川) | Comments(2)

c0252695_21483499.jpg

「赤」は難しい。
北欧の赤はちっとも赤いと感じられず、むしろ海老茶に近い。
ハンガリーの赤は間違いなく赤だ。中国や日本の赤に色相的に似ている。
こればかりは気候風土や光の強さや色合いにも左右されるし、もしかしたら民族の色のようなものがあるのかも知れない。
モスクワの「赤の広場(クレスナヤ広場)」はスラブ語では「美しい広場」なので「赤=美しい」になる。

私はペンキ塗りたての様な生々しい赤よりは多少退色した朱色系の赤は好きだが
退色しきってかろうじて赤と言えるような色は苦手だ。
心の奥底にある恐怖心とリンクしているのだと思う。おそらく、子供のころに見た墓場や霊場の飾り物の花の色だ。

More
by rin_pr | 2012-11-25 22:08 | 鎌倉(神奈川) | Comments(2)

神意

c0252695_22293810.jpg

占いは必ず当たるようにできている。
よく読めば、誰でも思い当たるような事柄を慎重に選ばれた言葉で書いてあるのが分かる。
明智光秀は本能寺を攻める前に、納得がいくまで御籤で神意を問うたそうだから
何度かやれば神意さえ確率論的に導き出すことは可能なのだろう。

More
by rin_pr | 2012-11-23 22:41 | 鎌倉(神奈川) | Comments(2)

裏側

c0252695_12132471.jpg

日本に限ったことはないが、寺社仏閣、教会などの宗教施設は裏側や内側がゴージャス。
人の目に触れない屋根の上を飾ったところで誰が見るのか…はあるし、参拝人の視線を意識した造りになるのは当たり前か。
神仏がどこにおわすのかの想像力でもあるのかもしれない。

More
by rin_pr | 2012-11-22 12:24 | 鎌倉(神奈川) | Comments(0)