カテゴリ:建築( 10 )

波濤


c0252695_09554931.jpg


by rin_pr | 2017-07-23 09:56 | 建築 | Comments(0)

ひだるい日


おそらくこんな日は果てしなく熱中症に近いのだろう。

c0252695_09225450.jpg





c0252695_09230785.jpg





c0252695_09231488.jpg





c0252695_09232041.jpg





c0252695_09233966.jpg


by rin_pr | 2017-07-20 09:27 | 建築 | Comments(0)

昇る


c0252695_09215564.jpg


by rin_pr | 2017-07-12 09:22 | 建築 | Comments(0)

集合住宅


c0252695_08495131.jpg


by rin_pr | 2017-07-11 08:51 | 建築 | Comments(0)

裏側


c0252695_08585097.jpg





c0252695_08590621.jpg


by rin_pr | 2017-07-09 08:59 | 建築 | Comments(0)

磯渡り


清澄庭園の案内には「池の端に石を飛び飛びに置いて、そこを歩けるようにしたもの。」とある。
大きな飛び石を陸では無く池の中に造り、亀が見る風景を楽しめる。
回遊式の大名庭園も見事ではあるが、清澄庭園はこの「磯渡り」からの風景が秀逸だと思う。
視点を少し変えるだけで映画館の3Dのように臨場感が増す。


c0252695_10172356.jpg





c0252695_10172904.jpg





c0252695_10173439.jpg


by rin_pr | 2017-06-30 10:22 | 建築 | Comments(0)

石垣


皇居東御苑のあたりは、江戸城の中心部にあたるようで石垣が面白い。
江戸城は常に守りを固める意味からも石垣の積み方(更新)に力を注いだのか?
石垣に取り付いて侵入されない様に奇麗に整えられているものは、インカの石積みにも似ているような気がした。


c0252695_09072020.jpg





c0252695_09072756.jpg





c0252695_09073282.jpg





c0252695_09073828.jpg





c0252695_09074381.jpg





c0252695_09080039.jpg


by rin_pr | 2017-06-10 09:15 | 建築 | Comments(0)

洋館


古い洋館の部屋は案外小さい。
住宅なら尚更コンパクトな造り、とでも言うべきか。
暖房が暖炉だけならそうなるだろうな、とは思う。
オンドルは発達しなかったみたいね。


旧三菱第2ドックハウス

c0252695_10023493.jpg





c0252695_10024166.jpg





c0252695_10030929.jpg





c0252695_10031463.jpg





旧ウォーカー住宅

c0252695_10062553.jpg





c0252695_10064857.jpg





旧長崎地方裁判所長官舎(現在はレトロ写真館)

c0252695_10083254.jpg



肝心の旧グラバー住宅は通り過ぎただけ、、、、
by rin_pr | 2017-01-25 10:17 | 建築 | Comments(0)

長崎は寒かった


どうやら平戸で妙に寒さを感じたのは風邪の前兆だったようで(既に博多で喉が痛かった・・・)
平戸から佐世保までバス移動、その後はJRで横目でハウステンボスを眺めながらひたすら寝ていたような気がする。
長崎に着いて速攻で熱が出て、丸1日ホテルで寝ていた。
すぐ近くに長崎ちゃんぽんの四海楼とコンビニがあって良かった・・・

気を取り直して、坂を上り、グラバー園。 ←ここだけ観光

旧三菱第2ドックハウス

c0252695_10464302.jpg





c0252695_10465077.jpg





c0252695_10465655.jpg


by rin_pr | 2017-01-24 10:50 | 建築 | Comments(0)

平戸城夕照


c0252695_10143816.jpg





平戸城主松浦(まつら)氏は始祖を嵯峨天皇の皇子(源融)に遡る、、、らしい。(出自については諸説あり。)
嵯峨天皇は嵯峨源氏の祖であるのは間違いないので(源頼朝や足利尊氏、新田氏などは清和源氏)子孫は多かったのだろう。
一説には23人の皇子がいてその内17人、数人の皇女が臣籍降下して源氏を賜ったと言う。(賜姓源氏)

松浦氏は松浦党(松浦四十八党)でもあり、武家の合議制の集団だった。
源平合戦のとき、松浦党は平氏側にいて操船していたようだ。
平清盛が開拓した瀬戸内海航路<音戸瀬戸航路など>の果てで平氏が滅亡したのは歴史の皮肉だろうか。
(瀬戸内海は難所なので航路としての歴史は案外浅い。古事記、日本書紀や神代記の時代はほとんど使えなかったハズ。)
元寇では最前線にいた松浦党の被害が甚大で、その報復や国内事情の為、倭寇となって高麗を荒らした。
李氏朝鮮になり、倭寇懐柔策が功を奏し鎮静化に向かう。

「倭寇」とは言うものの、日本人とは限らない。
(前期倭寇について記載されている広開土王碑には、日本から遠征したのではなく
朝鮮半島或いは高句麗に近い場所に拠点があったとしか考えられない記述があるらしい。
それが倭人なのか現地人なのか、混合なのかは不明。)

松浦史料博物館の説明によれば、
16世紀半ばに日本で良質な銀がとれるようになると、明系海商らが中核となる密貿易が活発になり、倭寇行為に及ぶようになった。
1540年代に倭寇の首領、王直(王鋥)が平戸に本拠を置き、平戸は西の都と称されるほどの繁栄を迎えた。
これは1550年のポルトガル船平戸入港のきっかけとなり、その後もオランダ船、イギリス船の平戸来航へとつながった、、、。

人形浄瑠璃や歌舞伎の「国姓爺合戦」の元になった「鄭成功」は平戸で生まれている。

そんな華やかな歴史を飲み込んで、今日も静かに日が暮れる。
by rin_pr | 2017-01-23 11:21 | 建築 | Comments(0)