カテゴリ:水( 40 )

湧水


石神井公園の三宝池は武蔵野湧水の一つ。(石神井池は昭和の始め頃に三宝池の水路を堰き止めて池としたもの。)
池からは高層ビルが見えないので武蔵野の風景を想像させるが、周囲の宅地開発により湧水量は減少した。
現在は地下から汲み上げているらしい。
石神井川はいずれ隅田川(昔は荒川本流)に合流して東京湾へ注ぐ。


c0252695_09210631.jpg





c0252695_09211141.jpg





c0252695_09212253.jpg





c0252695_09212737.jpg


by rin_pr | 2017-11-18 09:25 | | Comments(0)

水鏡


石神井公園の三宝寺池に来ると深山の気配が漂う。 つながっている石神井池の方は住宅街の池の風情。
都心の、例えば浜離宮恩賜公園や皇居東御苑にしても池の周りは風景が開ける分、高層ビルが必ず視界に入って来る。
石神井公園(練馬区)は親戚が近くに住んでいたので子供の頃に何度か来ているし、当時に比べれば随分開発が進んだ。
それでも深山の気配が残されているのは貴重なのかも知れない。


c0252695_09332147.jpg





c0252695_09332691.jpg





c0252695_09333291.jpg


by rin_pr | 2017-11-16 09:41 | | Comments(0)

みずのいろ


c0252695_12301079.jpg





c0252695_12301511.jpg


by rin_pr | 2017-11-07 12:30 | | Comments(0)

ボート


平日だし、午前中はかなり雨が降ってたしで
ボート乗り場はひっそりと静まり返っていた。
それともボートの季節は終わったんだろうか?


c0252695_10114048.jpg





c0252695_10114681.jpg





c0252695_10120276.jpg





c0252695_10120761.jpg



都市伝説めいたものに
「○○で恋人同士がボートに乗ると別れる」と言うのがあるけれど
場所が違っても内容は同じなので元になっている話がありそう。
ン十年前にも聞いた事があるので、割合古いのかも知れない。

by rin_pr | 2017-11-05 10:20 | | Comments(0)


舟偏の字は海との付き合いが長い分、多いのだろう。
元になっているものをほとんど知らないので、アテ字でも読みようが無く途方に暮れる。
漢字辞典オンラインによれば、57種類。
ただ、竹芝桟橋のタイルには漢字辞典オンラインにも載っていない文字もあるので実際にどれくらいあるのか分からない。

魚偏の字にも似ているような気がする。(魚の名前自体が地方によって違っていたりするので余計ややこしい。)

c0252695_09320496.jpg





c0252695_09320996.jpg





c0252695_09321450.jpg


by rin_pr | 2017-07-28 09:33 | | Comments(0)


池や水たまりに写る風景を見ていると子供の頃に読んだ「ノンちゃん雲にのる」を思い出すのです。


c0252695_10063039.jpg





c0252695_10063591.jpg


by rin_pr | 2017-07-03 10:10 | | Comments(0)

水音


小さな流れでもきちんと水音がする、そんな都会の中の静寂。
古池に飛び込んだ蛙の水音も、、、


c0252695_09392001.jpg





c0252695_09392566.jpg



・・・手持ちの限界・・・
by rin_pr | 2017-06-15 09:43 | | Comments(0)

ひかりかそけき


みなもに宿る光のいろ


c0252695_09321355.jpg





やがて夜いろに混じりあう


c0252695_09360499.jpg


by rin_pr | 2017-05-09 09:46 | | Comments(0)

水ぬるむ


c0252695_09404006.jpg


by rin_pr | 2017-04-04 09:41 | | Comments(0)

波紋


c0252695_10031657.jpg


by rin_pr | 2017-03-30 10:04 | | Comments(0)