カテゴリ:植物( 317 )

古木


来宮神社御神木の推定2000年の大楠。
根元には既に洞(うろ)ができているし、上部は失われているものの
これまで生きてきた静かな生命力を感じるのです。
そして、この樹には楠以外の植物も生えている小さな森がある。

太古にはあっただろう巨木の森を見たい、と思った。
(火山列島だし噴火しまくってたので難しいかな・・・)


c0252695_09292304.jpg





c0252695_09292788.jpg





c0252695_09293288.jpg





c0252695_09293766.jpg


by rin_pr | 2017-08-07 09:41 | 植物 | Comments(0)

神宿る樹


来宮神社御神木(大楠)

c0252695_09500572.jpg





c0252695_09502192.jpg





c0252695_09504124.jpg


by rin_pr | 2017-08-06 09:53 | 植物 | Comments(2)

大楠


樹齢2000年とも言われる来宮神社の大楠(御神木)

古書に来宮(きのみや)は木ノ宮とも書かれ、各地にある木ノ宮神社には大木があるところから
大樹に対する信仰があったと考えられる。

この大楠は日本で2番目の大きさだと言う。
最大のものは「蒲生の大楠」で、鹿児島県姶良市蒲生町の蒲生八幡神社境内にあるらしい。

c0252695_08284444.jpg





c0252695_08285515.jpg





c0252695_08290438.jpg


by rin_pr | 2017-08-05 08:36 | 植物 | Comments(0)

朽木


朽木に花が咲いているような

c0252695_09394104.jpg





c0252695_09393783.jpg


by rin_pr | 2017-08-01 09:41 | 植物 | Comments(0)

乾き


東京地方は思ったほど雨も降らず、湿度は高いものの
梅雨は明けているんだろうなぁ、、、と思う今日この頃。
雨は万遍無く柔らかに降って欲しいと願うけれど、いつの間にか「異常気象」が普通になってしまった。

花も草も瑞々しさを失ってようやく息を継いでいる。

c0252695_10551104.jpg





c0252695_10551695.jpg





c0252695_10552565.jpg


by rin_pr | 2017-07-17 10:57 | 植物 | Comments(0)

ウッドデッキ


つい目地の草を愛でてしまう・・・

c0252695_09530560.jpg


by rin_pr | 2017-07-15 09:53 | 植物 | Comments(0)

羊歯


庭石に生えると丁寧に保護される、らしい。
人の手で植えられた可能性もあるけれど。
目地に生えた草と、彼我の差はどこにあるのだろう・・・


c0252695_12315760.jpg


by rin_pr | 2017-07-08 12:35 | 植物 | Comments(0)

雑草


「雑草という名の草はない。すべての草には名前がある。」昭和天皇

確かに「名」はあるけれど、どうしてそうなった?と言いたいのもあるのです。
名付けた植物学者センセイのセンスの問題なんだろうけど、イヌフグリとかハキダメギクとか、、、、

何かと目の敵にされる目地の草。 ・・・好きなんですよね。


c0252695_11301075.jpg





c0252695_11301427.jpg


by rin_pr | 2017-07-07 11:33 | 植物 | Comments(0)

やがて


やがて階段も崩れて行くのだろうか


c0252695_09322028.jpg


by rin_pr | 2017-07-06 09:32 | 植物 | Comments(0)

ヤツデ


どこにでも生える。


c0252695_09532854.jpg


by rin_pr | 2017-07-05 09:54 | 植物 | Comments(2)