五重塔(重要文化財) 元和8年(1622年)建築

c0252695_09315614.jpg





日蓮が法難を受けたのは他の宗派批判、批判された禅宗を信仰していた北条時頼の政権批判とも取れる「立正安国論」に原因があるわけで
革命に至らなくとも物事が大きく動く時はそんなものだろうと思う。
その後程無くして元寇があり立正安国論は一部では予言の書と信じられていたようだが、
この東の果ての国も従来の政治方針を転換せざるを得ない時期に来ていたのだろう。 元寇は鎌倉幕府の政治の失敗という側面がある。

c0252695_09331597.jpg





江戸時代の「講中(こうじゅう)」が奉納したもの

c0252695_09325693.jpg





c0252695_09330395.jpg


by rin_pr | 2017-02-17 10:03 | 神社仏閣 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 和の香り 比翼入母屋造 >>